2014年08月31日

良いもの発見!お気に入りウェーディングシューズ

ウェーディングシューズといえば、



1.足に合わずに痛い。特に指先。


2.重いため、スネ脇の筋肉が疲れてつり、帰りの車の運転がしんどい


3.やっぱり、結構滑る



4.高価なくせに、すぐに壊れる
(小指親指の根本付近の縫い目がほつれて穴だらけになる、底がすり減る)





買い直しても満足度が上がることなく、履き潰したシューズはいくつになっただろうか…。


そんな折、山登りをしつつ源流釣りをするため、軽いウェーディングシューズを探している時、何気無く発見したこのシューズ。






グリップがいい?まあ、よくあるセールストークだろう(-_-)zzz





軽い?どうせ水を吸うんだから、あまり変わらないだろう(-_-)zzz





ま、でも、安​いし乾燥状態では軽いんだろうしフェルトソールのシューズもサブ用で欲しいからと、ポチッと購入。





使ってみた2日間。







驚き!






いいモノ発見!




セールストークにあるように、本当にグリップがいい!




柔らかいから接地面積が広くなるからかもしれない。




そして、軽い!




濡れても軽いから、疲れにくい事も、転び難さにつながっているかも。


軽さのおかげか、ヒモで締めておけばズレ難く足先が痛くなりにくい!




安いから、中高年でモノにお金をかけられる方々よりも、フトコロ事情が厳しいひと向けかな、と思っていたが、とんでもない。




転びにくくて疲れにくい





これは、体力が落ちてきた人向けだろう。







これって、オヤジ向きでしょう!?




SIMMSの高価なシューズがいいと、ショップの店員に言われて盲目的に信じている方々にぜひこれを履いて渓流を歩き回ってほしい。



疲れが大きく違う事が分かるはず。







「滑るかも」と微妙に意識しながら歩くと知らず知らずに疲れが溜まるが、これなら安心。



ちなみに、わたしの足は、やや幅広、やや甲高で、普段の靴は26.5、US9サイズでちょうど良かった。



靴下を二重で履く場合はワンサイズ大きくてもいいかもしれない。



耐久性は造りからして期待は出来ないが、縫い目にアクアシールやセメダインスーパーを塗る事で、ちょっとは良くなるだろう。
3F56C736-6843-4652-A602-2D409FEE9655.jpg



直射日光を当てて短時間で乾燥するような干し方を避け、陰干しするだけでも違うものだ。



いやー、最近買ったモノのなかでは、トップクラスの満足度!




久しぶりに、安くて良いモノ発見した。



しかも、諦めていたウェーディングシューズという、疲労や怪我に直結するモノなので、なおさら嬉しい〜!







さあ、どれだけの耐久性があるのか、来シーズンが楽しみだ。
F3833B64-5E60-4C11-B03D-8507C659765F.jpg

posted by ライトタフ at 05:00| 東京 ☁| Comment(0) | こだわりの釣りグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

ロングリーダー派必見のティペットスプール作成

渓流のフライフィッシングといえば、日本のスタンダードはロングリーダー、ロングティペットといえるだろう。(たぶん)



かくいう私もロングリーダー・ティペット。



そんなスタンダード派閥?の人間として悩みとゆうか、鬱陶しい事。


[すぐにティペットがなくなってしまい、予備スプールを沢山持ち歩かなければならない ]





しかも、結構お金もかかるし・・・。




もうそんなことは当たり前だと思っていた矢先、思わずナチュラムで見つけたこちらのルアーライン。

ユニチカ(UNITIKA) シルバースレッド トラウト クリアー 150m
ユニチカ(UNITIKA) シルバースレッド トラウト クリアー 150m





これって、渓流で使うティペットにピッタリの太さとしなやかさと強さではないか!?


しかも、大きな容量(150m)で500円って!?とピンときて、早速購入して使ってみた。






丸々2日間、渓流で使ってみて、とにかく、びっくり!






某メーカーの繊細さを売りにしたものよりもしなやかで強く、ロングティペットリーダーに抜群の商品!



これは、いい物に当たったぜ〜!









しかし、難点がひとつ。





フライベストに入れて持ち歩くにはスプールがデカい。



そりゃ、ルアーライン用だからね・・・。



ならば巻き替えてみようと思ったが、150mも手でえっちらおっちらやるのは面倒クサイ。






ハッと思いついた!






電動ドリルを使えば簡単かも!?






割り箸にガムテープを巻いて

6EE6E997-FC2D-440D-85CA-AADC4745CD8A.jpg


空きティペットスプールを差し込んだ割り箸をドリルに固定し、大きなスプールのラインを固定。

D90B2DC9-80A0-4F8E-B64E-9C7C08918AE0.jpg

あとは、スイッチオン!して巻き替えるだけ♪



ある程度のテンションをキープできるように元のラインを固定すれば、ラクに作業できちゃった。



これで、いつなくなるかの恐怖に怯えいくつもの予備スプールを持ち歩く必要がナシ!



ナチュラムで買えばかなりの低コスト!
しかも、高品質!

作業は電動ドリルで楽チンとくれば、やらない理由なんてないのでは?

※私の購入時はこのルアーライン[ユニチカ シルバースレッド ナチュラルクリアー ]は150mで500円でした。通常のティペットは50mで1,500円程なのでなんと1/9! 150mで4,000円もお得とくれば、電動ドリルなんてすぐ元が取れる。

※3lbsで5X、2.5lbsで6X程度。感覚的にバリバスより細め、フルックスと同じ位。

※バリバスのスプールで3lbsがギッシリ巻けるので、3lbs以下がオススメ





posted by ライトタフ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | こだわりの釣りグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

フライボックス

2012年5月20日


5月20日。


それは年1回の特別な日だ。


近いが、息子の誕生日ではない。


そろそろ渓流が本格的なシーズンインだから!


その日を境に毎年衣替えをする。


アレコレと入った年季の入ったベストから、メッシュベストへと。


メッシュベストも年季が入っている。


同じ旧カラーのシムスメッシュベストを着ている人はここのところ見かけた記憶が無い!


付属の小物達も少し引越し。


タワーマンションから平屋のアパートに越すように引越しするのが、フライボックス。


フライボックスはかなり色々買い換えた。2010年6月10日ライトタフボックス大.JPG

機能的に色々あるのが良いと思った時もあるし、ビッチリとボックスを埋めたミッヂボックスが大岩のエグレ下に流れて消えていってからは、ベストにコード類で付けられる物しか持ち歩かなかった時も。


新緑の季節には東北の渓流を歩きまくるので、毎年ベストは軽量化。


結果、基本はこのライトタフボックスに。


C&Fのボックスも春先の桂用には色々詰めて持っているが、所詮はそれほど収納出来ないのと、いちいち差すのが面倒くさい。
2010年6月10日サイエンティフィックアングラーズBox.JPG

ハイシーズンになってからのメインボックスは基本がライトタフ・ボックスだが、サブ・ボックスはScientific Anglersの小さなボックス。


小さく収まるのが気に入っている。


まあ、ここに入っているフライはほとんど使う事はないが。


そして、ビバークや山登り時に使うボックスはメイホーのこのボックス。
ラニヤードくらいしか持って行かないので、ボックスはもちろん吊り下げ出来るようなタイプ。
2010年6月10日MEIHOボックス.JPG
年々シンプルになっていってるが、これ以上はもうフライパッチ=フライボックスかも。


ちなみに、春先用に使っているコータックのボックスはかなり良かった。


パイロット用のパラシュートを収納するコンパートメント以外に、ソフトハックルや小ニンフをこの1つのボックスに入れられる。


春先、桂川に行くようになって出番がなくなった。


いずれ、もっと歳をとって、スローな、のんびりした釣りしか出来なくなってきたら、このボックス一つだけを持って、近所の川に行こうと、密かに思っている。

今は近所にアブラビレの魚が釣れる川は無いので、完璧に想像の世界だが、なんか、子供の頃を思い出す感覚だ。


本当にそんな事になっていたら、桐のフライボックスに、とびきりデカイ毛鉤だけ入れて、バンブーロッドでも大事そうに振りながら釣りをしているかもなあ…。


人気ブログランキングへにほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
posted by ライトタフ at 18:43| 東京 ☔| Comment(0) | こだわりの釣りグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

アナーキー ウェーダー


image-20111227231329.png
渓流のフライフィッシングで、最も高い消耗品がウェーダー。

シムスにしとけばい〜じゃん、と思いつつ、やっぱ欲しいブーツフット。

ブーツフットって、なかなか体に合うのが無い。

と思ったら、安くていいのが出た。

MAZUME。

防水ポケット。

細長いシルエット。

長靴っぽくない足元。

伸縮のウェストベルトに、ウェスト・カン。

そして、何より安い! 2万円台前半。

ところが。

ティペットが引っ掛かる意味不明な足首の飾り。

すぐに毛玉ができる中敷き。

そして、なんと言っても、数回の使用でダダ漏れ!!!

新品に交換になりましたが、マズメのブーツフットはこのままじゃオススメ出来ませんね。

フィールドテストやってないのかな?



フライフィッシングのブログたくさん
人気ブログランキングへにほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ



タグ:ウェーダー
posted by ライトタフ at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | こだわりの釣りグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

ラインクリーナー(フライライン)

2010年6月4日

25年位昔、中学生の時にフライフィッシングの道具を購入し、今でも残っている物のひとつにフライラインクリーナーがある。
当時、今でもそうだがフライラインは高価なのでマメにクリーニングするよう釣具屋に言われ、未だに釣行の度に大体クリーニングしている。
2010年6月4日siicone.JPG
当時購入したのはこのシリコンのコンディショナー。固形シリコンタイプで、塗りやすく、浮力の即効性が高い為、今では現場でクリーニングパッドに付けて使用している。

現場には、フライフックケースの余りに入れて持ち歩いており、このままだと一生かかっても使い切れないかもしれないくらいだ。





2010年6月4日シリコン.JPG












部活に精力をつぎ込む事で、
道具をしまいこむ時、2010年6月4日cleancote.JPGどこかで買ったのがこの「クリーンコート」
確か、安かったので思わず買ってしまったと思った。
後で気付くが、これは臭いも色も、プラスチック活性剤のアーマオールにそっくり。滑りがよくなる、汚れが取れる、柔らかくなるのが特徴だが、それほど浮力を高められないので、シンキングラインにも使っているが、問題ないようだ。
シーズンが終わり、保管する時に主に使っている。





2010年6月4日リバイタライザー.JPGそして、最近購入してよく使っているのがこのティムコの「フライライン リバイタライザー」

「人体に有害」と明確に書いてあり、確かに妙にプラスチックっぽい。

なんか、効きそうだと思っているが、実際にはどうなのか、あまり実感できていないが。

釣行ごとに塗っているが、何せアブナイ。

記載が毒々しく、素手で触っても気持ち悪いので自作のクリーニングパッドを使って塗っている。





2010年6月4日クリーナー自作.JPG
クリーニングパッドはダイイチのフックが入っていた袋と、100円ショップで売っている化粧用のパフを接着して、使っている。
これだと、直接触らないで済むので、ちょっと安心。

現場用は釣り道具屋で販売されているものを使っているが、現場用は基本的にシリコンのコンディショナーを染みこませっ放しなので、カバーの皮とパッド部分が剥がれてきてしまい、大抵のものはすぐに使いにくくなってしまう。
パッドを縫いこんであるものがオススメです。


使い分けもいいが、ティムコの普通のやつや、サイエンティフイックアングラーズのこれでも問題ないので、まめにする事で、かなり差が出るようだ。

ちなみに、防水スプレーはフッ素系もシリコン系も使ったが、ラインが硬くなってしまう為、フライラインには向かない。スプレータイプのも売っているが、緊急用として、頻繁な使用は避けた方がよいと思う。

劣化を防ぎ、滑らせるだけならアーマオールでも充分だと思うが、浮力があがらないので、フローティングラインには、やはり専用のクリーナーが必要。

しかし、似たような釣り道具が各メーカーから出ているが、どれもこれも使ってみないと差が分からないようになっていて困る。
量販店の店員さんに聞くと、大手メーカーの情報しか持っていないし、プロショップの店員さんに聞くと、ひいきのメーカーばっかり勧めるし。
やはり、釣り仲間や口コミが一番自分にとって信用できるのかなあ。
フロータントの話になるが、実はジャニスというプロショップがオリジナルで出していたものが一番ダントツ良かった。
そんな事、使った人しか分からない・・・。


人気ブログランキングへにほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
posted by ライトタフ at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | こだわりの釣りグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
GyoNetBlog ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。