2014年08月31日

良いもの発見!お気に入りウェーディングシューズ

ウェーディングシューズといえば、



1.足に合わずに痛い。特に指先。


2.重いため、スネ脇の筋肉が疲れてつり、帰りの車の運転がしんどい


3.やっぱり、結構滑る



4.高価なくせに、すぐに壊れる
(小指親指の根本付近の縫い目がほつれて穴だらけになる、底がすり減る)





買い直しても満足度が上がることなく、履き潰したシューズはいくつになっただろうか…。


そんな折、山登りをしつつ源流釣りをするため、軽いウェーディングシューズを探している時、何気無く発見したこのシューズ。






グリップがいい?まあ、よくあるセールストークだろう(-_-)zzz





軽い?どうせ水を吸うんだから、あまり変わらないだろう(-_-)zzz





ま、でも、安​いし乾燥状態では軽いんだろうしフェルトソールのシューズもサブ用で欲しいからと、ポチッと購入。





使ってみた2日間。







驚き!






いいモノ発見!




セールストークにあるように、本当にグリップがいい!




柔らかいから接地面積が広くなるからかもしれない。




そして、軽い!




濡れても軽いから、疲れにくい事も、転び難さにつながっているかも。


軽さのおかげか、ヒモで締めておけばズレ難く足先が痛くなりにくい!




安いから、中高年でモノにお金をかけられる方々よりも、フトコロ事情が厳しいひと向けかな、と思っていたが、とんでもない。




転びにくくて疲れにくい





これは、体力が落ちてきた人向けだろう。







これって、オヤジ向きでしょう!?




SIMMSの高価なシューズがいいと、ショップの店員に言われて盲目的に信じている方々にぜひこれを履いて渓流を歩き回ってほしい。



疲れが大きく違う事が分かるはず。







「滑るかも」と微妙に意識しながら歩くと知らず知らずに疲れが溜まるが、これなら安心。



ちなみに、わたしの足は、やや幅広、やや甲高で、普段の靴は26.5、US9サイズでちょうど良かった。



靴下を二重で履く場合はワンサイズ大きくてもいいかもしれない。



耐久性は造りからして期待は出来ないが、縫い目にアクアシールやセメダインスーパーを塗る事で、ちょっとは良くなるだろう。
3F56C736-6843-4652-A602-2D409FEE9655.jpg



直射日光を当てて短時間で乾燥するような干し方を避け、陰干しするだけでも違うものだ。



いやー、最近買ったモノのなかでは、トップクラスの満足度!




久しぶりに、安くて良いモノ発見した。



しかも、諦めていたウェーディングシューズという、疲労や怪我に直結するモノなので、なおさら嬉しい〜!







さあ、どれだけの耐久性があるのか、来シーズンが楽しみだ。
F3833B64-5E60-4C11-B03D-8507C659765F.jpg

posted by ライトタフ at 05:00| 東京 ☁| Comment(0) | こだわりの釣りグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

GyoNetBlog ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。