2014年08月20日

ロングリーダー派必見のティペットスプール作成

渓流のフライフィッシングといえば、日本のスタンダードはロングリーダー、ロングティペットといえるだろう。(たぶん)



かくいう私もロングリーダー・ティペット。



そんなスタンダード派閥?の人間として悩みとゆうか、鬱陶しい事。


[すぐにティペットがなくなってしまい、予備スプールを沢山持ち歩かなければならない ]





しかも、結構お金もかかるし・・・。




もうそんなことは当たり前だと思っていた矢先、思わずナチュラムで見つけたこちらのルアーライン。

ユニチカ(UNITIKA) シルバースレッド トラウト クリアー 150m
ユニチカ(UNITIKA) シルバースレッド トラウト クリアー 150m





これって、渓流で使うティペットにピッタリの太さとしなやかさと強さではないか!?


しかも、大きな容量(150m)で500円って!?とピンときて、早速購入して使ってみた。






丸々2日間、渓流で使ってみて、とにかく、びっくり!






某メーカーの繊細さを売りにしたものよりもしなやかで強く、ロングティペットリーダーに抜群の商品!



これは、いい物に当たったぜ〜!









しかし、難点がひとつ。





フライベストに入れて持ち歩くにはスプールがデカい。



そりゃ、ルアーライン用だからね・・・。



ならば巻き替えてみようと思ったが、150mも手でえっちらおっちらやるのは面倒クサイ。






ハッと思いついた!






電動ドリルを使えば簡単かも!?






割り箸にガムテープを巻いて

6EE6E997-FC2D-440D-85CA-AADC4745CD8A.jpg


空きティペットスプールを差し込んだ割り箸をドリルに固定し、大きなスプールのラインを固定。

D90B2DC9-80A0-4F8E-B64E-9C7C08918AE0.jpg

あとは、スイッチオン!して巻き替えるだけ♪



ある程度のテンションをキープできるように元のラインを固定すれば、ラクに作業できちゃった。



これで、いつなくなるかの恐怖に怯えいくつもの予備スプールを持ち歩く必要がナシ!



ナチュラムで買えばかなりの低コスト!
しかも、高品質!

作業は電動ドリルで楽チンとくれば、やらない理由なんてないのでは?

※私の購入時はこのルアーライン[ユニチカ シルバースレッド ナチュラルクリアー ]は150mで500円でした。通常のティペットは50mで1,500円程なのでなんと1/9! 150mで4,000円もお得とくれば、電動ドリルなんてすぐ元が取れる。

※3lbsで5X、2.5lbsで6X程度。感覚的にバリバスより細め、フルックスと同じ位。

※バリバスのスプールで3lbsがギッシリ巻けるので、3lbs以下がオススメ





posted by ライトタフ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | こだわりの釣りグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

GyoNetBlog ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。