2012年06月08日

ヘボ釣り師の五月を襲う 岩手秋田釣行

2012年5月26日


やっと、今シーズン開幕?


初東北釣行だ。(まともな)


image-20120605131851.png

初日は例の如く歩いて、誰も来ない所まで。


天気は最高!

image-20120605131906.png


ところが、川は。


既に水はすっかり落ちついてしまっている…。


2時間半以上歩いてみた。


そりゃあもうパラダイス!?


とゆうのは過去の話だとゆう事が分かった今回の釣行。


魚はすっかり数が減り、浮いているイワナが本当に少ない。


さすがに、ヤマメはいない堰堤上にまでは魔の手は差していないようで、素直な反応を見せたが。


しかし、一昨年までの喧騒はなく、サイズもひと周り小さく、あっけない一日となってしまった。


そして翌日も、ヘボ釣り師に忍び寄る魔の手が…


フライフィッシングのブログたくさん
人気ブログランキングへにほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
翌日、2012年5月27日。

前日の川からは、かなり離れた川へ。

良い時はかなり良いらしいのだが、その良い話がなかなか聞けない川だ。


俺は一度しかやった事がない。


確か5月だったが、もちろん、駄目だった。

ボウズ逃れがやっと。


今回にかける意気込みは並々ならぬものがあった。


四人で二手に別れて入る。


虫はあまり出ている感はないが、釣りあがっていると、釣れないライズや神経質な出方がたまにある。

たまに釣れるが、5月の東北の釣りではない。


今日、先行者が入っているハズないし…。


地元の仲間も様子を見にきてくれたが、間違いなくベストな日に近いと言う。


川を移動する案もあがったが、昼になっていたので、最後までその川でやる事になった。


結果は、四人で尺絡みのヤマメやイワナが三つ四つ釣れたりばれたりとあったので、まあまあだったが、釣れた数と反応の数は5月末のヘボ釣り師の2週間ではない。


東京に帰ってきて分かったが、どうも今回の河川は某有名人ガイドしまくっている川らしい!

「そこ行ったんですか〜、東京の人達皆そことそこにガイドされてるから、この時期、毎日、東京から誰か行ってる話聞きますよ〜。」


あら〜、どうりで。


なんか、ウブさが足りないんだよなあ、魚に!


腕上げないと駄目じゃーん!


たまにしか行けないっつーのに。。。
posted by ライトタフ at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | 釣り(フライフィッシング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

GyoNetBlog ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。