2012年06月01日

釣り用ライト その2 キャンプ&渓流(フライフィッシング)

海釣り用ライトのこだわりは前回の記事に。


今回は、キャンプ&フィッシングの用途でのこだわり。


まず、キャンプではLEDランタンが安全でトラブルも少なく、値段も安く、必需品といえる。

image-20120523191218.png


明るさが足りないし、虫集め用にも、ガス式やホワイトガソリン式も、もちろん同時に使わないと、快適ではないが。

そして、軽く小さいヘッドバンド式のLEDライト。

image-20120523191232.png


これがないと、肉の焼き具合が分からない!

食べ物があまり見えないで食べるのと、見えて食べるのでは大違い。

トイレに行く時、探しものをする時と、軽いヘッドバンド式ライトは酔っ払って寝付く迄必携だ。

そして、フライフィッシング。

これは、モノの本によれば、【フレキシブルライト】とよく書かれていて、まだ店で売っている場合もある。


はっきり言って、使えない!


重い

暗い

電池切れる→予備持ち歩き

いつもベストに入れっぱなしに出来て、いざとゆう時に確実に役にたってくれないと困る。

イブニングライズ狙いで、フックの穴にティペットを通す為なんて、まずあり得ない。

それは、イブニングじゃなくて、夜。

タダの夜釣りだ。

イブニングライズ狙いでは、川から上がって帰る時が危ない。

上がる場所や、川の深さ、杣道の有無などのチェックが必要。


つまり、非常用だ。


何が重要かといえば、


・軽く小さくかさばらない
・そこそこ明るい
・極たまに出番の時、電池が切れている事がない


それにピッタリなのがナショナルパナソニックのこの小さいライト。

image-20120523191251.png


せいぜい年一回か二回の出番だが、数年経っても電池切れもなく、軽くきちんと取り付け出来るクリップ。


昔のバージョンは何時の間にかスイッチが入ってしまい、電池切れをおこすので、よく輪ゴムでスイッチを保護していたが、今は改善された。


色々使ってきたが、今はこのセットが1番コストパフォーマンスが高く、便利だろう。


パナソニックは釣り用品を事業譲渡してしまったし請け負った会社のカタログには載っていないので、生産中止かもしれない。


こりゃあ、買っとくしかないかもな・・・。


フライフィッシングのブログたくさん
人気ブログランキングへにほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
posted by ライトタフ at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | こだわりのアウトドアグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

GyoNetBlog ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。