2012年03月27日

ライズ待ち顛末記

2012年3月18日

今年2回目の釣行は、上流部が解禁した山梨の超有名河川。


実は、この記事を書くのは2回目。


折角書いた最初の記事は、最後に保存する時に、なんと消えてしまった!


このiPhoneアプリ、なんとかして欲しい。


さて、川に戻り、陣取ったポイントは橋下のメジャーポイント。

思ったより人が少なく、良いポイントでライズ待ちが出来ることになった。
image-20120325141525.png


今にも降りそうな天気だが気温は高い。


虫も飛び始めた。
image-20120325141551.png



今日は鉄板だ、と思った時程裏切られる事が多い関東の春。


ライズポイントに忍び寄るのはルアーだけ⁈なのか?
image-20120325141624.png



もちろん、遠慮してもらう。


そうして、2時間半が経過、昼を知らせる鐘がどこからか聞こえてきた。


橋下には皆が見ていく大物がいたので、何度かニンフを見せてやり、移動する事に。


大きく下流に移動したポイントには目の前でライズが!


早速FDさんが釣り上げ、奥のライズを譲ってもらう。


「パシュ」


出た〜!


乗ってね〜!


早めに負けを認めてFDさんにお返し。


上流をチェックしに行き、対岸に良い流れを発見。


ライズはなかったが、投げたらかわい子ちゃんをヒット!

image-20120325142218.png


すると、上流のプールでやっていた人達が降りてきて情報交換。


9時半からライズは始まり、昼頃まで続いたらしい。


場所だったか〜。


一匹釣れて焦りもなくなったので、ちょっと下って丁寧に釣り上がる。


岸寄りの誰もが歩くすぐ横の深瀬にキャストする。


出た。


瞬間、柔らかいサオはひん曲がり、デカヤマメと思われる魚は


周囲のゴンゴンの流れに素早く乗り、6.5Xはプッツリ。


やっちゃったよ、下手くそってのは悔しい事が多いな〜。



気を取り直して釣り上がり直し、プールのライズを発見!


二回も出てくれたヤマメちゃんの胃の中身はこれ。
image-20120326062434.png



散発ライズは、カディスを食べていた。


FDさんを呼び、最後のイブニングに突入。


ライズはなくなってしまったが、25、6cmサイズまで4、5匹釣れて楽しんだ。



薄暗くなるとライズが増え、人のプレッシャーがライズを減らしていた事がわかる。


さてさて、次に行けるのはいつになることやら…。



フライフィッシングのブログたくさん
人気ブログランキングへにほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ





posted by ライトタフ at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 釣り(フライフィッシング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

GyoNetBlog ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。