2012年02月28日

UNOで勝負!


image-20120227185524.png
ここのところ、かなりハマり気味なUNO。


正直言って、かなり真剣にやっても、全部は勝てない。


最近は、調子に乗ってやたらと勝負したがる。


デジタルなゲームよりはマシだが…。



そろそろ、習い事でも行くか?


↓子供と遊ぶネタやほのぼのしたブログ
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
posted by ライトタフ at 09:31| 東京 ☁| Comment(2) | 子供・家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

いとこ




image-20120221011651.png
従兄弟の高校生、中学生と、うちの小僧2人。

セピア色にすると、ちょっと雰囲気が出た。

モザイクかけたが、従兄弟2人は、気持ちのいい笑顔!



この日は、四人で公園でサッカー。

結構、皆、楽しんだみたい。

来年は、下の小僧も一緒に遊べるかな。



↓子供と遊ぶネタやほのぼのしたブログ
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
posted by ライトタフ at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 子供・家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

タイイングにハマり中。

今年は年明けから巻こう、とチョイ意識していた。

毎年、2月位になると、ニンフの補充から入り、

夏を期待してアントとか巻いて、

後は、「必要なのを必要な時に巻こうっ」となってすぐ終わる。

ミッジなんて、何年も巻いてない…。

ところが今年は、何故か巻いている。


もう7、8回は巻いている。


休日は子供との時間がほとんどを占め、仕事も順調ではなく、


こんな俺でもストレスが溜まり気味なのかも。


球数足りなくて勢いで巻く盛期のデカいパターンばかり巻いていたので、


渋い時に、賢い奴に、ガツンと効くパターンが不足している。


物の本に書いてあるようなパターンを巻いても、


全然見えない


沈んじゃった


扇風機のように回転して、一発で合わせ切れ


フィールドやシステム、

使っているフロータント、

フックの重さや軽さ、

マテリアルなど、

色々な条件で

毛鉤は救世主になったり、悪魔になったり、表情を変える。

女神様になってくれるフライ達に囲まれるにはどうすればいいのか?

飲みながら、ヘベレケになりながら巻いたフライは2軍行き率が高い!


だけど、呑まずに巻けないのだ。


そして、今日も、お湯割を呑みながら失敗作を産み続ける…。


フライフィッシングのブログたくさん
人気ブログランキングへにほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ





image-20120216224652.png
ラベル:タイイング
posted by ライトタフ at 22:47| 東京 ☁| Comment(0) | 釣り(フライフィッシング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

釣り用ライトその1 海の夜釣り

こだわりのアウトドアグッズ、釣りグッズといえば、ライトだろうか。

まだシーバス釣りにハマっていた20年近く前はLEDなんて無く、ナショナルの予備電球付きのモノだった。額にあたるクッション部分がボロボロになってしまい、とうとう子供のオモチャとして卒業した。

それから、何個のライトを買ったか分からない。

夜はライトが命。


よくキャンプするようになったのはここ五年くらいだが、釣りは三十年はやってるので、釣りに関するアウトドア道具は相当色々使ったと思う。
今の状況では、ライトの用途は、
・夜釣り(ゴロタ浜や磯、堤防エギング)
・キャンプ
・渓流でのイブニングライズ時、川から道へ上がる時の補助非常用(防災)
・カブト虫捕り

くらいか。

その@夜釣り

昔は良いライトといえばナショナルだったが、今は色々ある。

使える明るいヘッドライトはジェントス ヘッドウォーズの200ルーメンのこれ。

image-20120608233104.png


とにかく明るく、ゴロタ浜や磯でも安心!


やはり、これくらい明るくないと真っ暗の岩場は歩けない。


また、ウェーディングしている時や、真っ暗闇の中で釣りする時には後頭部が光るライトが、かなり重宝する。


同行者が何処にいるかすぐわかるので、いちいち電話をしないで済む。何と言っても、分かっていれば不安にならない。


電池は単三なので、エネループなどの充電池を使えば、いつでも満タンで安心。


ところが此の手のライトはガッツリとヘッドバンドで固定が必要で、うっとうしい事この上ない。


それに比べて手軽で楽チンなのは、首掛け式のパナソニックのネックライト。

image-20120523083011.png


今では何処のホームセンターでも売っている。


ON-OFFスイッチだけで明るさ調整は出来ないが、付けたり消したりの作業が多い釣り用途のライトでは却って面倒なだけだ。


また、明る過ぎるライトは目が眩むので、手元明かり用に今はヘッドライトと併用している。


真っ暗闇の夜釣りでは後頭部も光る強力なヘッドライト、


手元明かり用や堤防でのランガンエギングにはパナソニックのネックライト

この使い分けだけで、かなり快適な夜釣りになる。


堤防でも、一箇所で釣りする場合には、LEDランタンがいい。



もちろん、LEDランタンはキャンプの必需品でもある。

image-20120523084020.png


ファミリーキャンプでは安全で、大活躍だ。


首掛け式のパナソニックのネックライトも、キャンプではサブに使えるが、やはりキャンプでは軽いヘッドバンド式のコイツがいい。

image-20120523084051.png



理由は、次回に…。


釣りのブログ集はこちら
人気ブログランキングへにほんブログ村 釣りブログへ
posted by ライトタフ at 02:12| 東京 ☀| Comment(0) | こだわりのアウトドアグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

日本科学未来館

有明の日本科学未来館に行った。

「宇宙に行けるかもしれない」と言うと、長男は満面の笑顔。

到着すると、入り口付近にある売店に興味深々。

シアターを予約し、3階に向かう。

次男はシアター上映が始まるまで、ボールを投げ入れ、


image-20120202202546.png
遠心力でゆっくり落ちてくるモノを占領!

周囲のボランティアのオジさんや職員も呆れるほど。

3階から5階の間には、宙吊りされた地球と螺旋スロープが。


image-20120202202601.png
「これ、宇宙への入り口かな?」

と走っていった小僧共。

シアターは、3Dメガネを付けて、立体的なプラネタリウムのようになっていて、

不思議な雰囲気を味わえる。

初めての3Dに、長男は落ちてくる星をなんとか掴もうと手を延ばしていた。

売店でも散々売り物を見まわって、ようやく帰路につく迄3時間。

最後に、外の池に次男が落ちたのは言うまでもない…。

↓子供と遊ぶネタやほのぼのしたブログ
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログ 親バカへ


posted by ライトタフ at 08:18| 東京 ☀| Comment(0) | 子供・家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
GyoNetBlog ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。